症状ブログ

諦めかけた股関節痛

 60代 主婦 

 

初めは肩こりで来院された患者さん。

 

私の見たところ右股関節の方が肩こりよりも大きな不調を

抱えていると思われたので、確認してみると

「これはもうずっと前からなんです。病院では今度痛くなったら

手術ですと言われ、怖くて行ってません。」とのこと・・

 

痛みをずっと我慢して生活してきたとは・・

少しでも楽になればと施術を始めました。

 

症状は・・

  右足先が大きく外向きに開いている

  右足を小さく揺らしてみても殆ど動かない

  右股関節の開閉可動域が極端に少ない

  右半身が全体的にはってて硬い(腿・お尻・腰・背中)

  歩行時に足先を前にして進めない・・等

 

1回目の施術では、全身を弛めた後ふくらはぎ・腿裏の筋肉を

柔らかくし、股関節の隙間を少~し開ける気持ちで僅かに上方へ牽引・・

この時は施術中に痛みは全く無かったものの、翌日から痛みが

増したように思えたとの事。

2回目以降は1回目の結果を踏まえ、股関節を牽引する手法は控え

関連する筋肉を充分弛めるようにしました。特に足先の調整は念入りに・・

 

今ではハリの左右差が殆ど無く、両足とも踵がお尻に軽く着くまで柔らかくなりました

最初に挙げた症状の数々も八割方改善しています。何よりも患者さんが

「先生、私この頃股関節の調子が良いのよ」と笑顔でおっしゃるのがとても嬉しいですね

 

数か月前には手術しかないかもしれないと諦めかけた股関節痛。

痛みから解放され笑顔になれて本当に良かったですね

 

 痛めて時間が経てば経つほど改善するにも時間がかかります。

 じっくり、しっかり改善していきましょう。


LINEで送る

掲載日:2014年06月20日

関連情報: , , ,

こんな症状の方へ/症状ブログ 施術を受けた患者様/お客様の声

肩こり腰痛らくらく院 女性専用整体へお気軽にご相談下さい

Copyright© 2014–2019 札幌整体・肩こり、腰痛にお悩みの女性は<無痛整体>女性専用/肩こり腰痛らくらく院へ All Rights Reserved.
PAGE TOP